読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

摂津市会議員あんちゃんが行くNEO

日本共産党摂津市会議員 安藤かおるのブログです。

先生の優しさにこたえたい、先生が信じてくれたから成長できた。。。。。今年も感動の中学校卒業式

「人はこうあるべきだ」と徳目をとなえられるより、卒業生の生の声は、中学校生活の中で先生や友人や親とのかかわりから多くを学び、人として成長していることを証明してくれる。

強面先生の号泣して教え子を送り出す姿、心のこもった合唱、会場全体があたたかい空気が流れた本当にすばらしい卒業式でした。

f:id:shiroanchan:20170314114148j:plain

消費税反対!10%やめて5%に戻せ!ーー3.13重税反対全国統一行動摂津市民集会

f:id:shiroanchan:20170313142129j:plain

国有地をただ同然で学校法人森友学園に払い下げた近畿財務局。

当時の担当は、今、国税庁長官。

不況のなか、懸命に働き税金を納める国民に顔向けできるのだろうか!

怒りのシュピレヒコールで千里丘駅までパレードしました。

 

 

着膨れ安藤の汗だくハンドマイク宣伝

f:id:shiroanchan:20170312200043j:image

春めく日曜の午後、鳥飼の辻々でハンドマイク宣伝。

つい数日前の寒さが嘘のよう。ダウンで膨れあがつた体にハンドマイク担いで、森友学園問題、自衛隊の南スーダン撤収、摂津市の高い水道料金引き下げに請願署名の取り組みを暑く熱か訴えました。

 

汗びっしょりでした。

 

 

なんとかして!あぶない堤防道路の安全対策を求める(摂津市鳥飼和道)


危険な淀川堤防道路合流地点(摂津市鳥飼和道)

2月に開催したタウンミーティングで、

「安藤さん、あそこ危ないわ!なんとかして!」

と参加女性が訴えました。

 

摂津市鳥飼和道の淀川堤防道路と生活道路の合流地点。

ひっきりなし通る自動車、バイクが

堤防道路から生活道路へ

生活道路から堤防道路へ

生活道路から生活道路へ

スピードをさほど落とさないまま行き交います。

 

f:id:shiroanchan:20170304162519j:plain

ほら、やっぱり事故ってる。

 

ムービーを撮って摂津市役所交通対策課へ

安全対策を申し入れました。

 

 

寒風のなか、森友学園問題、市議会報告で街頭宣伝

f:id:shiroanchan:20170308234403j:image

摂津市議会第1回定例会は昨日、代表質問を終え、明日からは委員会審議が始まります。

連日、報道され疑惑が広がる森友学園問題や摂津市議会報告を街頭から訴えました。

 

寒さがぶり返す日でしたが、声をかけてくれる人も多く、身も心もあったかくなりました。

 

歩行者、自転車の死角になっていた市広報版を移動/鳥飼八防交差点

f:id:shiroanchan:20170303164227j:image

業務スーパーが移転してきて歩道の通行量が増加した鳥飼八防交差点付近。

自転車や歩行者が出会い頭でヒヤッとするケースが増えたとご近所さんから安全対策の要望をいただいていました。

角に設置され死角になっていた市広報版を右側に移動してもらい、見通しが良くなりました。

 

とはいえ、やはり歩道での自転車走行には十分注意が必要ですね。

摂津の自民・公明、維新市民の国保料負担軽減の願いを否決!

今回、久しぶりに長文をアップしました。時間のあるときによんでくださいね。 

 

2月1日に民生常任委員会が開かれ、12月議会に摂津社会保障推進協議会が提出していた「国保改悪につながる『府内統一化』に反対し、国保料の引き下げと減免制度の拡充を求める請願書」の審議と採決を行いました。

f:id:shiroanchan:20170204163016j:image f:id:shiroanchan:20170204164808j:image f:id:shiroanchan:20170204164820j:image

議会への請願は住民なら誰でも、1人でも出せる権利ですが、この請願の趣旨に賛同した市民の署名が、1月末に追加された分を含めて2,677人分が添付されています。

 

私安藤は、山崎議員、弘議員とともに請願提出に必要な紹介議員として請願者に代わって委員会に出席し趣旨説明や質疑応答を行いました。

 

国民健康保険(以下、国保)は市民の約3割が加入する医療保険でこれまで市町村が直接運営を行ってきました。

 

国保に加入される方は自営業者さんや小規模事業者で働く人、失業者や高齢者です。加入者の約7割が年間所得200万円未満と低所得者層です。しかも身体を壊し治療を必要とする人が多いことから、国保の財政は、加入者の保険料では賄えません。

 

国保の加入者は市民の3割と書きましたが、ほぼ全ての市民が会社を辞めたあとなど、いずれは加入することになる社会全体に関わる大事な医療保険制度です。

 

ですから、国保の法律にも記されているように(国民健康保険法第1条)、国保は社会保障制度であり国や地方自治体が税金を投入して、保険料高騰を抑制したり、医療費の負担軽減の制度を導入したりして国民皆保険を下支えしているのです。

 

下支えされてはいるものの、その保険料は会社で入っている医療保険と比べるとめちゃくちゃ高いのですよ。

所得200万円で子ども3人の5人家族ですと年間保険料が40万円を超します。なんと所得の2割!

大変ですよ。生活のためにはこのほかに年金保険料、北摂で一番高い上下水道代、電気代などの水光熱費、学校の費用に日々の食事代......

 

市民の命や健康を守る社会保障制度、国保の保険料負担が逆に市民の生活を圧迫しているのが実態です。

 

私たちは、国が医療財政を減らしてしまっていることが問題で、もっと国や大阪府が補助金を出して、市民が無理なく払える保険料すべきだ!市の窓口では、保険料の滞納者や負担軽減を求める市民の声を聞き寄り添った対応をすることをいつも訴えています。

 

摂津市の国保の窓口は、とても親切で、しんどさを訴える市民の相談に減免制度など進んで教えてくれます。(当たり前のようですが、案外できていない自治体は多い。昔の摂津市も良くなかった)

 

ところが、あろうことか国は財政が苦しい中でもがんばる市町村の国保を、まともな援助をすることなくと都道府県に一元化してしまおうとしているのです。

大阪府は一元化を契機に、市が独自で取り組んでいる保険料抑制や減免制度をやめさせ、保険料を高いところで統一しようとしています。

しかも、その計画を立てていく検討会議には大阪府の方針に賛成するような市町村の代表ばかりが名を連ねているとのことです。

具体的に保険料や納付金がいくらくらいになるのか、そのシミュレーションの数字も示されないままです。

 

今回の請願趣旨は、摂津市に、そんな一方的で、かつ、市民負担増必至の「国保統一化」には、何としても反対してほしい。2年連続値上げして長年の累積赤字を解消し黒字を積み上げた摂津市の国保料を引き下げて、市民の暮らしを支えてほしい!というものでした。

 

私はふだんは文教常任委員ですが、請願者の思いを民生常任委員会の議員にわかってほしいと、民生常任委員会のなかの共産党議員である増永さんに資料をもらいレクチャーを受けながら、一生懸命勉強して委員会審議に臨みましたが、私たち紹介議員への質問は増永議員だけ。

 

自民・公明・維新の議員さん3人(なんと全員私と同期!)からは質問なし。

参考までに招致されていた摂津市国保担当者に数点質問しただけで、市民の切実な願いのこもった請願採択に反対し、否決してしまいました。

 

署名された市民が傍聴に来られていましたが、ただア然とされたことでしょう。私もがっくりきましたし、民生常任委員で孤軍奮闘した増永議員も怒り心頭💢だと思います。

 

本当に残念でしたが、この運動は命と暮らしを守る運動ですのであきらめず頑張っていかねばなりません。

 

国保だけでなく、介護や子育て......人の一生をしっかりサポートする社会をつくる政治をめざしてがんばります。

 

よし、元気を取り戻してきましたよ!

みなさんがんばろ‼️