摂津市会議員あんちゃんが行くNEO

日本共産党摂津市会議員 安藤かおるのブログです。

学童保育室の運営業務を民間企業に委託方針! 保護者から不安のこえ

 摂津市が来年4月から、鳥飼小学校、鳥飼東小学校、三宅柳田小学校の3つ小学校の学童保育室運営業務を民間委託する方針を発表しました。

 残りの7つの小学校は従来通り、摂津市の指導員さんが運営します。

 

 4日、三宅柳田小学校多目的ホールで開かれた保護者説明会では保護者らの不安の声や丁寧で具体的な説明を求める意見が相次ぎました。

 

 なぜ、民間委託なのか?

 なぜ、この3校なのか?

 他の学童もいずれ民間委託か?

 来年4月に、突然、指導員さんが民間の指導員さんに入れかわることで子どもへの影響が心配。

 いろいろなことが起きる学童の運営を利益追及の企業にまかせていいのか?

 引き継ぎがしっかりできるのか?

 そもそも、来年の4月導入は急すぎる!

 質問、意見に具体的な返答が欲しい!

 

 

 民間委託導入の一番の理由は、学童保育指導員の人手不足とのこと。

 78人が必要とされる指導員さんが、現在28人も不足していると。

 保護者の要望の大きい「19時までの延長保育」(近隣市は実施済み)を実施するためにはさらに人手が必要で、民間企業に頼らざるを得ないと。

 

 学童保育は、放課後の児童の生活の場です。異年齢の児童が安全に遊び、安心して過ごせる環境のもと、指導員さんを中心に保護者、学校、地域と連携して児童の健全育成をはかることが求められています。

 

 民間委託だとなぜ人手不足を解消できるのか、大変疑問ですが、仮に人手不足を解消しても、働く指導員さんの待遇は低賃金な不安定な雇用になるではないでしょうか。

 委託会社も契約期間ごとに切り替わり、継続的、安定的運営が損なわれてしまいます。

 

 これまでも摂津市は、ごみ収集、給食調理業務、市民課窓口業務など民間委託してきましたが、学童保育は、成長過程にある1〜3年生の児童の放課後や長期休暇時の生活を家庭のように見守るのです。ころころ、指導員さんや運営団体が変わられたら困ります。

 

 民間委託は、延長保育を実現するための手法のひとつとです。

 その手法のデメリットがあまりに大きいのなら、別の手法でサービス拡充を図るよう検討するのが行政の責任です。

 

 大事なことは、「学童保育の民間委託」は、まだ決まっていないということ。

 あくまで「案」段階です。

 この問題を議論した子ども子育て会議では反対意見も相当数あり、「致し方なく」民間委託を認めたものの、丁寧な説明や質の担保など7項目の条件が付与されています(別掲、民間委託計画6ページ目)

 

 具体的で丁寧、誠実な説明がなされ、保護者、学校、指導員さんなど関係者の納得のうえ、議会に条例改正などが提案され可決されなければなりません。

 摂津市は9月議会にも条例改正案を提出しようと考えているようですが、それではとても丁寧な説明にはなりません。

 疑問点、不安な点、提案などどんどん摂津市に出しましょう。

 

 摂津市直営の学童保育で延長保育、土曜日の毎週開室、高学年受け入れなどサービス拡充を求めていきましょう。

 

以下、摂津市と摂津市教育委員会が発表した民間委託計画です。

 ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓

f:id:shiroanchan:20180806182850j:plain


f:id:shiroanchan:20180806182900j:plainf:id:shiroanchan:20180806182913j:plainf:id:shiroanchan:20180806182958j:plain

f:id:shiroanchan:20180806183007j:plain

f:id:shiroanchan:20180806183016j:plain

f:id:shiroanchan:20180806183021j:plain

 

 

 

 

 

 

「党名を変えてみては?」「消費税に変わる財源は?」など聞いてみたかったことも聞けた!第54回タウンミーティングでざっくばらんに語り合いました

6月7日の夜、鳥飼本町1丁目の第35集会所にて、54回目となるタウンミーティングを開催。

 

身近な摂津市政の報告やたつみコータロー参院議員の実績活動紹介DVDの視聴後に日頃の疑問や意見、また年金や国保・介護など自らの経験など語り合いました。

 


たつみコータロー参議院議員実績紹介「もっと届ける声がある」

 

今回は小池あきら参院議員が、日本共産党に対する質問にこたえる「小池さんになんでも聞いてみよう」DVDも用意。

f:id:shiroanchan:20180609000813j:plain

f:id:shiroanchan:20180608231900j:plain

飲食店を経営するHさんは

「来年消費税が10%に上がる予定ですよね。共産党の消費税に変わる財源を聞きたい」

また、Tさんは以前からずっと聞いてみたかったと「党名を変えたらどうか?」に関心を寄せられ、みんなでその部分を視聴しました。

 

「党名はブランドや名前以上に意味がある。95年の歴史とめざす理想社会をあらわしていて簡単に変えることはできない」とこたえる小池参院議員の話に耳を傾ける参加者は仮に党名を変えてても”元共産党”といわれるだけ。党名に込められた意義と党の活動を知っていただく努力をしていけば理解してもらえる」に「なるほど」と納得の声が上がりました。

 

縦横無尽、ざっくばらんに語り合い、共産党の姿を知ってもらえるのも少人数のつどいならではです。

 

次回は、食事しながらおしゃべりする新企画「きらく亭」を予定しています。

明後日10日(日)午前11時より、市立第15集会所にて。お近くのかたはどうぞお気軽にお寄りください。食事付きですので参加費300円承ります。お気軽にどうぞ!

 

 

 



テレビを観てると血圧上がるわ!第54回TM案内で怒りの声集まる

地域の集会所を2ヶ月に1回のペースで回って開催するタウンミーティングの案内をしていると、最近とみに怒りの声をぶつけられます。

 

「政治家は平気で嘘をつく!」

「みんなにばれてるのに平然としてる!」

「あの人がテレビに出てくるとテレビを消す!」

「テレビ観てると血圧上がるわ!」

 

まじめに暮らす庶民は、安倍政権の嘘やごまかし、開きなおりに怒り心頭💢

 

「共産党、しっかりやりや!」

 

そんな声をぜひ、タウンミーティングへお持ちください。

 

ざっくばらんに楽しくまじめにお話ししましょう。

 

第54回タウンミーティングin鳥飼 は、

 

6月7日(木)夜7〜9時

市立第35集会所(新鳥飼公民館南、アベリア公園内)

 

にて開催します。もちろん入場無料。予約不要。

 

お待ちしてます。

 

f:id:shiroanchan:20180602174243j:image

鳥飼地域の2つのお祭りへ

鳥飼北小学校区連合自治会が開催する「ふるさと祭り」は今年で19回目。

単位自治会が、それぞれ焼き鳥、コロッケ、かき氷、ゲーム、カラオケやフリーマーケットを開きます。

f:id:shiroanchan:20180528150708j:image

f:id:shiroanchan:20180527184328j:image

私が住む新八防自治会は、毎年、ゲートゴルフを担当してます。

強い日差しに顔を真っ赤に焼きながら、みんな一打一打に一喜一憂。楽しめました。

 

鳥飼東公民館では昨日から二日間の公民館まつり。入り口には暑さ対策としたミストも登場。こちらも大盛況でした。

f:id:shiroanchan:20180527184927j:image

f:id:shiroanchan:20180527185352j:image

 

 

 

 

 

法務省を騙った架空請求に気をつけてください

f:id:shiroanchan:20180517062619j:image

近所の方のおうちにこんなハガキが届きました。

   「 総合消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」と題して、「あなたは裁判を起こされた。取り下げの相談にのるから電話してこい」という内容。

 

これ、架空請求ですから無視してください。絶対にハガキに記載された電話番号に電話しないでください。

 

法務省のホームページでも注意喚起されています。http://www.moj.go.jp/hisho/kouhou/hisho06_00434.html

 

歩道上の滑りやすい鉄板ぶたの改修ーー府道大阪高槻線 新在家交差点付近

 摂津市のコーナン鳥飼西店がある府道大阪高槻線新在家交差点近くの歩道の真ん中に約50センチ四方の鉄板ぶたが設置されています。

 この歩道は、交差点近くで往来が激しい上に狭く、しかも車道にむけて傾斜しています。鉄板ぶたの表面はツルツル。雨の時には大変危険でした。

 

【改修前】

 f:id:shiroanchan:20180424142116j:plain  f:id:shiroanchan:20180424142140j:plain  

 

 昨日、改善を求めていた大阪府茨木土木事務所の担当の方から、開所に設置されている鉄板ぶたの段差解消と表面の滑り止め処置が完了したとの連絡を受けました。

 

【改修後】

f:id:shiroanchan:20180508164157j:plain  f:id:shiroanchan:20180508164144j:plain


 これから雨が多いシーズンです。鳥飼地域には狭くて危険な歩道が多く、拡幅や段差の解消など安全対策の課題が残されています。

 今回はピンポイントの対症療法ですが、身近な生活道路として安全対策は欠かせません。お気づきの点はどうぞお気軽にご連絡ください。

 

 

危険な状態を長期間放置しない! 事故後の施設復旧は府民の安全第一で!

 府道大阪中央環状線は大阪府の幹線道路で車の通行量は大変多いです。

 その中央環状線の鶴野橋で昨年12月の事故があり、車道と歩道を仕切る安全柵の一部が破損、その後、数ヶ月間、ロープによる応急処置のままになっていました。

f:id:shiroanchan:20180408102946j:plain


 道路を管理する大阪府茨木土木事務所に早期の安全柵設置を求め、4月21日にようやく復旧されました。しかし、長い間危険な状態のままにしていたことは大問題です。

f:id:shiroanchan:20180422173851j:plain

  事故の際の復旧、修繕、改修などは事故を起こした方が行いますが、今回のように危険な状態が放置される場合、歩行者などの安全第一に早期の復旧対応が必要だと思います。

 茨木土木事務所担当からは、今回のことを教訓に、今後、事故加害者の事情等で復旧が遅れる時には、先に公費で復旧工事を行ったのち、加害者に費用請求を行うようにする対応を取るようにすると報告がありました。