読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

摂津市会議員あんちゃんが行くNEO

日本共産党摂津市会議員 安藤かおるのブログです。

この子たちの未来を戦争の時代になんかさせたくない!と強く感じた卒業式

f:id:shiroanchan:20160319005241p:image
17日は、市立とりかい幼稚園の卒園式。
21名の園児一人一人がが先生と保護者が見守るなか、修了証書を受け取り「わたしは〇〇小学校に行きます」と発表する。
園長先生は、園児と保護者に向けて「やさしい人、強い人になってほしい。」と言葉を贈る。
愛情がいっぱいつまった卒園式でした。

f:id:shiroanchan:20160319010104j:image
18日は市立鳥飼北小学校100人の卒業式。
こちらは卒業証書を受け取る前に一人一人が自分の夢や目標や感謝の言葉を述べる。
一人一人が少し大きく、そして、眩しくみえる。いいね!

「お国のために兵隊になります」なんてことを子どもたちに言わせる社会に絶対にしちゃいけない!と思う。

卒業生が修学旅行での思い出とともに歌う「ヒロシマのある国で」
私は初めて聞く歌だったが、心に迫るとてもいい歌でとても良かった。
戦争の悲惨さ、平和の大切さ、そして戦争を起こさせない決意をこの子たちはしっかり学んできたんだなと感じる。

子どもたちに、豊かなで平和な社会を引き継ぐ!戦争の時代を作らない!

そんな熱い思いを呼び起こさせる卒業式でした😃

帰宅して、youtubeで検索したらありました。

ヒロシマの有る国で
【作詞】 山本さとし
【作曲】 山本さとし

1.八月の青空に 今もこだまするのは
  若き詩人の叫び 遠き被爆者の声
  あなたに感じますか 手のひらの温もりが
  人の悔し涙が 生き続ける苦しみが
  わたしの国とかの国の 人の生命(いのち)は同じ
  このあおい大地のうえに同じ生を得たのに
  ※ヒロシマの有る国で 
   しなければならないことは
   ともるいくさの火種を 消すことだろう

2.かの南の国では 大国がのしかかり
  かもくな少年らが 重い銃に身をやく
  やせた母の胸に 乳のみ子が泣きさけび
  はだしではだかのまま 逃げまどう子どもたち
  故国の土をふむことも 家族と暮らすことも
  許されない戦争がなぜに今も起こる
  ※ くりかえし

  私の国とかの国の 人の生命(いのち)は同じ(平等)
  このあおい大地の上に同じ生を得たのに
  ※ くりかえし x 3